初めての npm モジュールを公開してみました @smeghead7/whois-result-parser

AWS Lambda(node)でドメインの有効期限を調べるツールを作ってみようと思い立って、whoisの結果を調べるパッケージを探してみたんだけど、jpドメインのwhoisの結果が他のトップレベルドメインと比べてもフリーダム過ぎて、結局正規表現で有効期限を取得する処理を書いてお茶を濁すということをした。

https://www.npmjs.com/ で検索すると、whois関連のパッケージはいっぱい見付かるんだけど、jp ドメインの情報を取得できるものを見付けられなかった。生のwhoisの結果も取得できるようになっていて、必要なら生の結果を見てくれ、という雰囲気のようだった。

そこで、whois-light を生のwhoisの結果を取得するために使って、生のwhoisの結果を解析するだけのパッケージを作ってみようかと考えてみた。解析するだけのパッケージなら、文字列を受け取って決まったjsonオブジェクトを返すだけなのでテストも楽だし、最初のパッケージには丁度よいかな、と。

@smeghead7/whois-result-parser

いくつかのトップレベルドメインのテストも追加しました。しかし、トップレベルドメインの種類の多さに眩暈がして、道半ばです。ゆっくりテストを追加していくつもりです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.