Starbug1 1.3.03 リリースのお知らせ

Starbug1は、軽量なバグトラッキングシステム(BTS: Bug Tarcking System)です。C で書かれているため少ないリソース(例えば10年前のパソコンなど)でも快適に動作します。

公式サイト http://starbug1.sourceforge.jp/

Sourceforge.jp http://sourceforge.jp/projects/starbug1/

Starbug1 1.3.03 をリリースしました。主な変更内容は以下です。

  • ラジオボタンで選択できる単一選択肢の項目を追加できるようにした。
  • サブプロジェクトのページの左上にパンクズを表示するようにした。
  • 「新しいチケットを登録する」のリンクを目立つようにした。

ラジオボタンで選択できる単一選択肢の項目を追加したのと同時に、状態の項目のデフォルトをコンボボックス(select)からラジオボタンに変更しました。

  1. プロジェクトトップ(http://www.example.com/starbug1/index.cgi/top/)の上部のメニューからプロジェクトの管理を選択する。
  2. サブプロジェクト一覧から、状態の項目をラジオボタンに変更したいサブプロジェクトのデータベースパスを調べる。
  3. Starbug1を配置しているディレクトリで以下のコマンドを実行する。

操作性の改善

f:id:smeghead:20091024215338j:image

  • 「新しいチケットを登録する」のリンクをより目立つようにしました。
  • サブプロジェクトでは左上にパンクズ風のリンクを配置し、今表示しているサブプロジェクトが認知しやすく、トップに移動しやすくなりました。

f:id:smeghead:20091024215409j:image

  • 1.3.03で新しいサブプロジェクトを作成すると、投稿時、返信時に、状態の項目がラジオボタンで表示されます。

Starbug1において、状態の変更は、アクションの意味を持ちます。他の状態も表示しておくことで、アクションの実行を意識しやすくなります。また、チケット一覧で表示する時の色で表示されるので、アクションの意味も意識しやすくなります。


既存のプロジェクトでも状態をラジオボタンで表示する方法

既存のプロジェクトを1.3.03にアップデートした場合は、状態の項目は自動的にはラジオボタンとしては表示されません。

既存のプロジェクトの状態の項目をラジオボタンに変更したい場合は、以下の手順を行なってください。


データベースファイルがあるディレクトリに移動。

$ cd $(Starbug1のインストールディレクトリ)/db

データベースファイルを更新できるユーザになる。

$ su

状態の項目種別をラジオボタンに変更するSQLを実行する。(データベースパスが2.dbの場合)

# echo 'update element_type set type=7 where id = 3;' | sqlite3 2.db

問題などありましたら、気軽にどうぞ。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.