Ubuntu用クリップボード履歴ツール CLCLCLベータ版をリリースしてました

beta版をリリースしたのは、結構前ですが、お知らせします。beta版になったこともあるので、一通りの使い方の紹介をしてみます。クライアントPCにUbuntuを使ってて、クリップボードの履歴ツールを使ってなかったら、試してみてください。

CLCLCL

CLCLCL – クリップボード履歴ツール

http://sourceforge.net/projects/clclcl/

JavaVM上で動作するクリップボード履歴ツールです。ターゲットOSは、Ubuntuですが、Windows上で動作させることも可能です。

インストール方法

ダウンロード

http://sourceforge.net/projects/clclcl/ から最新版バイナリをダウンロードします。 ダウンロードしたファイルを解凍すると、ディレクトリが作成され、そのディレクトリ内に以下のようなファイルが含まれています。

ChangeLog
README
clclcl
clclcl-menu-open
clclcl-standalone.jar
clclcl.bat
logging.properties
配置

作成されたディレクトリを、任意のディレクトリ(/usr/local/ の下など)にコピーします。


実行方法

CLCLCLのディレクトリ内の clclcl というシェルスクリプトを実行してください。

実行されると、システムトレイ内にCLCLCLのアイコンが表示されます。起動後、クリップボードを監視し履歴を保存します。

システムトレイのCLCLCLのアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。
クリップボード履歴
履歴の項目を選択すると、選択した文字列をクリップボードにコピーします。
テンプレート文字列メニュー
初期は空になっていると思います。
終了
exitを選択するとCLCLCLを終了します。

設定する。(Ubuntuの場合)

自動起動の設定

システム→設定→自動起動するアプリを選択し、自動起動するアプリの設定ウィンドウを開きます。追加ボタンで、CLCLCLを登録します。コマンドは、<CLCLCLインストールディレクトリ>/clclcl を指定します。

キーバインドの設定

グローバルキーバインドを設定して、キーボードだけで、CLCLCLのメニューを表示する設定です。メニューを開くキーバインドを利用しない場合は設定する必要がありません。 システム→設定→キーボード・ショートカットを選択しキーボードショートカットの設定ウィンドウを開きます。 追加ボタンで独自のショートカットキーを追加します。名前は、CLCLCL Menu Open。コマンドは、 <clclclインストールディレクトリ>/clclcl-menu-open を指定します。 追加したショートカットのショートカットのキーをクリックして、Alt+1 などのキーを押します。

動作設定

いくつかの項目を設定することにより、CLCLCLの動作を設定できるようになっています。 動作設定ファイルは、$HOME/.clclcl/clclcl.conf です。

{:list-max 30,
:font-name "VL Pゴシック",
:font-size 12,
:watch-interval 3000,
:server-port 10000}
設定項目 概要 デフォルト値
:list-name メニューに表示するクリップボードの履歴の項目数 30
:font-name メニューのフォント名 VL ゴシック
:font-size メニューのフォントサイズ 12
:watch-interval クリップボードを監視する間隔(ミリ秒) 3000
:server-port メニューを開くキーバインドに利用する受付ポート番号 10000
テンプレート文字列の設定

テンプレート文字列の設定方法です。 テンプレート文字列の定義ファイルは、$HOME/.clclcl/templates.clj です。

[
{:name "メールアドレス" :data "smeghead@example.com"}
{:name "foo" :data "huga"}
"test"
{:name "今日の日付" :data (fn [] (.. (java.text.SimpleDateFormat. "yyyy/MM/dd") (format (java.util.Date.))))}
{:name "ハロー" :data (fn [] (. javax.swing.JOptionPane (showMessageDialog nil "hello"))))}
]

ClojureのVector形式で指定します。テンプレート文字列の各要素は、文字列または、:nameと:dataを含むMapを指定します。 Mapで指定する場合の:data に指定する値は、文字列またはclojureの関数です。 例えば、以下の要素を定義しておいて、テンプレート文字列から「今日の日付」を選択すると、その時に(fn [] …)の部分が評価され、 評価した結果である日付文字列がクリップボードにコピーされます。

{:name "今日の日付" :data (fn [] (.. (java.text.SimpleDateFormat. "yyyy/MM/dd") (format (java.util.Date.))))}
高度な使い方

キーバインドを利用する。

メニューを開くキーバインドの他に、メニューを開いた後、以下のキーバインドが利用できます。

キーバインド 動作
j 選択項目を下に移動する
k 選択項目を上に移動する
h 選択項目を左に移動する
l 選択項目を右に移動する
Ctrl-m 選択を確定する
Ctrl-[ メニューを閉じる(キャンセル)

10 Comments

  • はじめまして。 先日からubuntuを始めたばかりの超初心者です。 Windowsでclclを便利に利用していたのでubuntuでこのclclclを使わせていただこうと思いDLしました。 なにせLinuxを始めたばかりなので悪戦苦闘しながら自動起動するアプリに登録しアイコンがパネルに表示されるようになったのですが、 アイコンをクリックしても何もポップアップされません。 またclclのように呼び出すためのショートカットはないのでしょうか?

    教えていただけるとありがたいです。

  • chargeさん。はじめまして、clclclを試してもらって嬉しいです。 JavaVM上で動作するので、javaをインストールする必要があります。(アイコンが表示されたとのことですのでJavaはインストールは完了していると思います) 1. JavaVMは何を使っているでしょうか?(何種類か存在していますが、経験的には、Sunのjre が問題は少ないと思います) コマンドライン端末で、 java -version と入力した結果を見ればわかると思います。 2. CLCLCLのアイコンをクリックしても何もポップアップされないということは、多分エラーが発生しています。 ログファイルの内容をここに貼り付けて欲しいです。ログファイルは、$HOME/.clclcl/clclcl.log です。($HOMEは /home// です) 3. gnomeデスクトップを使っているのであれば、エントリ中の「キーバインドの設定」のグローバルキーバインドを設定することで、キーボードの操作で、メニューを開くことができるようになります。

    まずは、1と2の結果を教えて欲しいです。

  • smeghead様 お世話になります。

    1.javaがインストールされているかどうかも分かりませんでしたが端末での結果は

    java version “1.6.0_20” OpenJDK Runtime Environment (Iced Tea6 1.9) (6b20-1.9-0ubuntu1) OpenJDK Client VM (build 17.0-b16, mixed mode, sharing)

    となりました。

    2.ファイルを展開したフォルダーの中にはclclcl.logというのは有りませんでした。 DLし書庫マネージャーで展開する時「フォルダーを再作成する」にチェックをいれ home/charge/clclcl-0.1.0-beta と言うフォルダーの中に展開されましたがこれが間違っているのでしょうか? このフォルダーの中にclclcl.logはありません。

    3. 「システム」ー「設定」ー「キーボード・ショートカット」のことでしょうか?

    インストールしたOSは ubuntu ja10.10 -desktop-i386 日本語Remix です。 お手数をお掛けします、よろしくお願いします。

  • chargeさん 1について了解です。 2については、先程の説明がわかりにくかったようですみません。 ファイルのフルパスは、/home/charge/.clclcl/clclcl.log になると思います。 コマンドライン端末で、cat /home/charge/.clclcl/clclcl.log と入力した場合に、ログの内容が表示されませんか?

    3については、そうです。「システム」ー「設定」ー「キーボード・ショートカット」です。 しかし、2の問題が解決してから設定すればいいと思います。そもそもメニューが開かない状態のようですので。

  • 度々恐れ入ります。

    書かれたとおりに入力してみましたが、 No such file or directory と出ます。

    また「場所」ー「ファイルの検索」でclclcl.logを検索をしても「ファイルが見つかりません」となります。 このログファイルはclclclを起動したときに自動生成されるものなのでしょうか?

    よろしくお願いします。

  • 確認ありがとうございます。

    このログファイルはclclclを起動したときに自動生成されるものなのでしょうか? はい、$HOMEディレクトリ配下に、.clclcl という隠しフォルダを作成し、その中にデータベースファイルやログファイルを格納するようになってます。

    すみません、こちらで試したところバグがあるようです。下のコマンドを入力してから、clclclを起動してみてもらってもいいですか? mkdir $HOME/.clclcl

    重大なバグが発見できました。ご協力ありがとうございます。

    でも、この問題があるとシステムトレイにアイコンが出る前に止まってしまうので、もしかしたら、別の問題があるのかもしれません。そしたらまた状況を教えてください。

  • うまく起動出来ました、ありがとうございます。m(–)m

    もうひとつ教えてください。 テンプレートの文字列は展開したときに出来たフォルダにあるtemplates.cljにではなく$HOME/.clclcl/の中にあるtemplates.cljに書き込むのですね? ブログ内にある書式をコピペしてみましたが「Registerd Templates」には反映されません。

    それとショートカットの登録の仕方も教えていただけるとありがたいです。

    宜しくお願いします。

  • テンプレートの文字列は展開したときに出来たフォルダにあるtemplates.cljにではなく$HOME/.clclcl/の中にあるtemplates.cljに書き込むのですね? はい。 ブログ内にある書式をコピペしてみましたが「Registerd Templates」には反映されません。 $HOME/.clclcl/templates.clj の内容を、下の一番基本的なもので書き換えて試して下さい。 [“test”]

    それとショートカットの登録の仕方も教えていただけるとありがたいです。 私の環境が、Ubuntu10.04なので、10.10とは多少変わっているかもしれません。 ショートカットキーの登録方法は、以下のページが参考になると思います。 http://ubuntu.xsrv.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=116 CLCLCLのメニューを開くために設定する項目は、以下です。 名前: CLCLCL Menu Open コマンド: home/charge/clclcl-0.1.0-beta/clclcl-menu-open (home/charge/clclcl-0.1.0-beta 配下にプログラムを展開してある場合) 割り当てるキーの入力は、他のキーバインドと重複しないキーを割り当てて下さい。

  • smeghead 様

    バッチリです。(^^) テンプレートもショートカット登録もちゃんと出来ました、ありがとうございます。 windowsの感覚で実行ファイルを指定していましたが「menu-open」の方なんですね、勉強になります。

    私のような初心者に親切に指導していただき感謝です。 これでかなり便利になります。 ありがたく使わせていただきます。

    ありがとうございました。

  • chargeさん こちらこそありがとうございました。 致命的なバグを発見できました。テスト不足ですね。 テストのことも考えないとです。

2 Pingbacks

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.