SKKによる矢印とか丸付き数字の入力

skkには、ひらがなモードで、zj と入力するだけで、↓に変換する機能がある。なぜか、WindowsのSKKIMEでは、有効になっていないので、下のサイトを参考に設定を追加した。

ところがだ、aquaskkみたいに “・” とかが “z/” とかで入力出来ないのであった。という訳でskkime に以下の設定を追加した。

skkimeをwindows xpにインストールしてみた – twwp
キーバインド変換後
zh
zj
zk
zl
z~
z1
z2
z3
z4
z5
z6
z7
z8
z9

上のサイトを参考にして、定義を追加しました。「丸付き数字なんか使うな」という気分ですが、使う人とのコミュニケーションは必要になるので、z数字に割り当てた。



便利なので、Meadowのskkでも丸付き数字をz1とかで入力できるようにした。下のものを.emacsに追加した。

(require 'cl)
(setq skk-rom-kana-rule-list
      (loop for s across "⑩①②③④⑤⑥⑦⑧⑨"
            for i from 0
            collect (let ((s0 (string s)))
                      (list (concatenate 'string "z" (number-to-string i))
                            nil
                            (cons s0 s0)))))

skk-rom-kana-rule-listというシンボルに変換定義をすれば良いらしいので、データ構造を作って設定した。emacs lispを書くのは初めてに近いから、どこまでが素のelispで、どこからが、(require ‘cl)のおかげかわからないんですが、(require ‘cl)するとCommon Lispの気分で書いててもだいたい動いてくれるようです。

One Comment

  • 便利 情報。 ラッキー ショックを受け | 私は私が 意図せず、および|あなたの私私が発見した私が見つかりました。なぜこの運命のねじれ 以前予め | 起こっ約来た なかったがなかったです!私はそれをブックマークし。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.