Vine Linuxに中国語ロケール追加

今、gettextを使ってStarbug1の国際化対応をしているところ。

日本語(ja_JP)と英語(en_US)は認識されて表示言語が変わるのに、中国語(zh_CN)は認識されていないようだった。これは、メインの開発で使っている家のパソコンがVineLinuxだったので、中国語ロケールが入っていないためだった。

インストールされているロケールを表示する。

$ locale -a
C
POSIX
en_GB
en_GB.iso88591
en_GB.iso885915
en_GB.utf8
en_US
en_US.iso88591
en_US.iso885915
en_US.utf8
ja_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc

一覧に表示されるロケールではない場合は、いくらメッセージカテゴリファイル(*.mo)が存在していても、gettextが変換してくれないようだった。

ロケール(zh_CN)を追加する

$ su
# localedef -f UTF-8 -i zh_CN zh_CN.UTF-8
# locale -a
C
POSIX
en_GB
en_GB.iso88591
en_GB.iso885915
en_GB.utf8
en_US
en_US.iso88591
en_US.iso885915
en_US.utf8
ja_JP
ja_JP.eucjp
ja_JP.ujis
ja_JP.utf8
japanese
japanese.euc
zh_CN.utf8

これで、自分で定義した中国語が表示されるようになった。

というか

もうノートパソコンは、ubuntuなんだから、ubuntuにすればいいんだけど。。。vine linuxに拘る理由は思いつかないし。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.