快適にパソコンを使えるようになるのはいつだろう。

メモリやCPUは、毎年毎年性能が向上しているけど、それが、一向にユーザの快適な環境に結びつく兆しが見えない。CPUが 700Mで、メモリが 256MBだった数年前と比べてもたいして作業環境が快適になっていないのは何故だろう?


仕事で使うパソコンは、リースなので、1年か2年で取り替えてもらえます。今使ってるのは、Intel(R) Core(TM)2 1.66GHz, 1.99GB RAMです。悪くないはずなんですが、1年も使ってるとOSの起動に10分くらいかかるようになっています。OSはWindows XPで、エクスプローラも重いし、ブラウザも重いし、エクセルも重いし、eclipseも重いし…。*1 結局、解決策は最新型のパソコンに替えること。


OSやソフトウェアの提供者は、ユーザの資産(メモリとかCPUとかHDDとか)に頼ってプログラミングする方が勿論楽なので、富豪的プログラミングに走りがちですが、1人のユーザとしては「やめてくれ」と言いたい。*2 何かを作る側の人間として、安易に富豪的プログラミングに走るべきではないと思う。


このままじゃ、快適な環境はいつになっても得られそうもない。

年寄りの愚痴でした。

*1:eclipseは以前よりだいぶ快適になりましたが

*2:文字通りお金持ちの人が、サーバを何十台も建てて富豪的プログラミングするのは別にいいんですが。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.