Velocity キャッシュの効果は絶大

Velocityテンプレート内で、複数回別ファイルを parse するような処理の部分で、激しく表示速度が落ちてしまったので、対策を調べてみました。

file.resource.loader.path = /opt/templates

file.resource.loader.cache = true

file.resource.loader.modificationCheckInterval = 2

ここでは、我々は2、3のものを設定しました。最初に、テンプレートを見つけるためのパスとして/opt/templates を設定しました。第二に、我々はキャッシュすることをオンにしました、そのため、テンプレートまたは静的ファイルが読まれたあと、それはメモリにキャッシュされます。そして、最後に、我々は新しいテンプレートのために更新チェック間隔を2秒にセットしました。

http://www.jajakarta.org/velocity/velocity-1.1/docs-ja/developer-guide.html

速!これは、体感でも数倍速くなったように感じました!! 正直ここまで速くなるとは思いませんでした。まだ、本番環境で確認してないけど、かなりよさそうです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.