Golang バージョンアップしてみた

最近、Golang を触ってます。

Golangの標準ライブラリのhttpサーバを使った時、ポート番号を1975にしたら、外部からの接続ができなくなっていた。 いろいろ検索してもあまり決定的な解決策が見つからなかったが、Golangのイシュートラッキングシステムで、最近関連部分を変更した記述を見つけて、少ない望みに掛けてgoを最新化してみた。

今まで使ってたバージョン

$ ./6g -V
6g version release.r57.1 8294

新しくインストールしたバージョン

$ ./6g -V
6g version release.r58 8731

数字を見るとあまり変わってないようですが、インストール後にコンパイルしてみると、いくつかのエラーが出た。

  • encoding/line が無くなっていた。
  • exec のUIが全く変わってしまっていた。 — この修正については、execの下をスクラッチで書き直したと言えるくらい変わってたので、驚いたけど、こうゆう変化に触れるのは、新しい言語の醍醐味かもしれない。

http://golang.org/pkg/exec/ ここを見ながら、なんとかコンパイルして動かしてみると、運良く外部から接続できるようには、なっていた。

でも、exec周りの修正の影響で、自分が作ってる機能が動かなくなってるようなので、原因を調べてる。。。 なんだか、肉を切らせて骨を断つ、なのか、その逆なのかわからないことになってる;;

大事なことを書くのを忘れてた

バージョンアップしたら、コンパイルが更に早くなった気がする。(それ程大きいものを作ってる訳じゃないけど)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.