O/Rマッピングツールに対する認識

実際の開発では、今回やってるプロジェクトではじめてhibernateを使ってます。

今のところO/Rマッピングツールとは、こんな感じだと思ってます。

  • 長所
    • ロジック記述時の意識(オブジェクト脳?)とRDBアクセス記述時の意識(2次元の表での思考)の間行ったり来たりする必要がなくなる。自然にOOPできるようになる。
    • 昔ながらのJDBCで問題だったcloseやtry-catchなどの定型処理を記述する必要がない。
    • javaとRDBの中間層になるので、各種RDBで記述が統一される。
  • 短所
    • 永続化クラスと設定ファイルが必要になる。管理するファイルが増える。
    • 複雑な条件でのデータアクセスをする時に、不自由になる。SQLで書いたほうが簡単な場合も少なくない。
    • トランザクション、SQL発行タイミングなどの癖を知らなければならない。
    • RDB固有の機能を使用することができなくなる。場合が多い。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.