Class::DBIに挑戦してみる。

どちらかといえば、O/Rマッピングツール否定派ですが、今プライベートでperl+自作framework+GoogleMapのアプリを作っています。

会社で複数人数でO/Rマッピングを適応することの問題点は、前(id:smeghead:20070128:1169994409)も書いたけど、今回独りでやるし規模も小さいので、O/Rマッピングを知る意味でも、Class::DBIに挑戦してみることにしました。

cpanで、インストールしようとしたら、テストで失敗しているようでした。試しに、古くなっているモジュールを新しくしてみた。

perl -MCPAN -e "CPAN::Shell->install(CPAN::Shell->r)"

家のサーバVineLinux2.6なんですが(汗、 perlが5.6でした。で、perl5.8じゃないといけないモジュールも多いようだったので、/usr/local にperl5.8を入れることにした。

#なんだか、いちいち面倒だな。。。他のモジュールも入れなおしか。。。

その前に、windows上で、Class::DBIを試してみたら、取得したオブジェクトをDumpしても、各カラムの値が表示されなかった。でも、カラム名のメソッドを呼ぶとちゃんと値が取得できる。これが、Perlベストプラクティスに載ってたインサイドアウトの実装なのかな。

うーん。O/Rマッピングは楽だ。でも、javaで複数人でやって大変だったのは経験してるから、否定派のままです。ひととおりアプリを作りおわったら、また考えよう。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.