高速に動作するようになったクリップボード履歴ツールのCLCLCL

気楽に開発しているLinuxで使うクリップボード履歴ツールです。javaなのでWindowsでも動作します。(Windowsで動作させる場合は、環境変数のHOMEに、任意のディレクトリを指定しておいて下さい)

clojure clipboard history tool.

SourceForge.net unavailable

今まで、javaに標準添付されているデータベース derby を使って履歴を保存するようにしてました。CLCLCLのアイコンをクリックしてクリップボードの履歴のメニューを表示するまで、2,3秒かかってました。なんで、こんなに遅いのかと思ってログを見たところ、DBアクセスに時間が掛かってました。

CLCLCLを作るときに初めてderbyを使ってみたんですが、derbyって、create table文とか、検索結果を絞り込む(mysqlなら limit offset) 他のデータベースとは全然違う構文だったり、使うのにも苦労しました。

sqlite3のjdbcドライバもpure javaなので、derbyを捨ててsqlite3に乗り換えることにしました。clojure.sqlを使ってたので、移行も簡単でした。

良くなったこと

メニューを開くのが速くなった(derbyを使ってた時、2,3秒かかっていた処理が、0.1秒くらいになった)

– sqlite3コマンドで、DBの中を参照したり編集するのが簡単になった。

なんで、clclclでderbyを使ってたのかわからなくなった。とにかく、デスクトップアプリに適したデータベースは、derbyではなくsqlite3だったということらしいです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.