インスタンスがシリアライズ可能なことをxUnitでテストするときの王道ってあるんでしょうか?

ネットワーク越しに転送する必要のあるクラスや、Sessionスコープに保存するクラスとかは、Serializableをimplementsしなければならないとか、シリアライズ不要なフィールドはtransient宣言することは、知識としては知ってるんですが理由とか仕組みが分からない。なぜデフォルトがシリアライズ可能ではないのか?シリアライズ不可能なことをマーカーインターフェースで示す仕様だとまずかったのか?


まぁ、上のは時間があるときに(気が向いたら)調べるとして、インスタンスがシリアライズ可能なことをxUnitでテストするときの王道ってあるんでしょうか?

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.