Starbug1 デモ GNU Makefileで条件分岐

0.1.2-beta版が出てから時間が経ってしまいましたが、さくらインターネットのデモを更新しようとしました。

csvでのレポートダウンロードのために、iconvを使うようにしたので、FreeBSDでコンパイル時にエラーが出ていました。

gcc -o index.cgi list.o data.o dbutil.o db.o mail.o util.o wiki.o index.o -L/usr/local/lib -L/home/smeghead/lib -lsqlite3 -lcgic
util.o(.text+0x16b4): In function `csv_field':
: undefined reference to `libiconv_open'
util.o(.text+0x16d1): In function `csv_field':
: undefined reference to `libiconv'
util.o(.text+0x1700): In function `csv_field':
: undefined reference to `libiconv_close'
gmake: *** [index.cgi] Error 1

ただ単に、FreeBSDではリンク時に -liconvが必要だったようです。linuxは、glibcにiconvが含まれていて、FreeBSDは、外部のlibiconvを使うようになっているようです。


http://naname.jp/index.php?Makefile を参考にMakefileにOS用の条件分岐を付けました。

OS = ${shell uname}
ifeq ($(OS), FreeBSD)
LFLAGS += -liconv
endif

Starbug1 のデモを更新しました。

デモURL http://smeghead.sakura.ne.jp/starbug1/

CVSの先端の状態なので、0.1.2-betaより更に機能が追加されています。

昨日のJavaScriptのグラフ(HTML5.JP)も反映されてますので、統計情報を見てみてください。

ChangeLog

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.